TEAM チームについて

PHILOSOPHY理念

女子サッカーを通じて鳥取新たなを」

私たちクローバー米子フィオーレFCは、
鳥取県史上初となる “なでしこリーグへの参入”を目指すクラブとして、
故郷、地域の子どもたちに夢と希望と誇りを、関わる全ての人に情熱と感動を提供することを目指します。

鳥取県を代表する女子サッカークラブとして輝き、人々を笑顔に、鳥取を元気に!
当クラブは、鳥取県を中心とした地域社会、企業のみなさまにとって、大切なパートナーでありたいと願っています。
また、サッカーと保育士・社会人としてのキャリアを両立させ、二つの「舞台」で生き生きと輝くことにより、
全ての人に夢を与える存在でありたいと願っています。


【 MISSION “つむぐ・つくる・つながる” 】
つむぐ :子供たちの成長をどこよりも近くから支え、サッカーを通じて子どもたちの夢を紡ぐクラブになる
つくる :関わる全ての人に活力と勇気をもたらすような、ひとづくりとまちづくりに貢献する 女子アスリートの価値を創る
つながる:地域との繋がりを大切に、誰からも親しまれる、鳥取県を元気づける魅力あるクラブになる

VISIONビジョン

地域に夢をあたえる存在になる

当クラブは、鳥取県を代表する女子サッカークラブとして
地方から全国へ向けて躍進するために
段階的にステップアップしながら
3年後の“なでしこリーグ参入”を目指します。
鳥取県に未だかつてない新たな歴史を創る挑戦者として、
地域の子どもたち、関わる全ての方々に、
夢にあふれたロールモデルを提供します。

「サッカーも、仕事も」 女子アスリートの活躍できる場の創出

日本女子サッカーの世界では、
トップリーグで活躍する選手であっても、ほとんどの選手が選手活動だけでは生活できず、
長期的で安定的な雇用をあきらめなければならないことも多くありました。
結果、多くの選手が「サッカーか、仕事か」の2択を迫られる時期に
直面しなければなりませんでした。
当クラブは「保育士や社会人としてキャリアを積む」ことのできるクラブとして、
選手が全力でサッカーに向き合える環境があることはもちろん
十分な経済的基盤と積み上げたキャリアを選手に提供することで、
「サッカーも、仕事も」安心して続けていくことが出来る環境を作ります。
また、選手が選手活動の中で得る経験は、ピッチの上だけでなく
社会の中でも活かすことのできる、社会的にも価値の高いものだと考えています。
選手自ら主体性を持って活動に取り組みながら、
サッカーを通じて地域にとっても価値のある人材の育成に努め、
「サッカー選手」「社会人」2つの面から女子アスリートの活躍の場の創出を目指します。

鳥取県女子サッカー界の基盤を築いていく

鳥取県の女子サッカー界の現状として、県内でプレーする女子選手が
より上のレベルを目指して活躍できる環境が少ないことが挙げられています。
近年、高校などの活躍により、鳥取県内でも高いレベルでサッカーができる環境が増えていますが、
年代や地域によってはそれが難しいことがあるのも現状としてあります。
そのため、鳥取で育った有望な選手がプレーの場を求め、県外に出てしまったり、
サッカーをすることを諦めてしまうということがこれまでも多くありました。
当クラブは、クローバー米子フィオーレFCをはじめ、
鳥取でプレーする選手が上のレベルを目指してチャレンジをできる場を創り上げ、
まずは県内でプレーする選手の可能性を広げること、
そして県内選手のみならず、県外に出た選手が地元に戻りたいと思うキッカケとなること、
更には、全国各地にいる選手が『鳥取』でサッカーをしたいと集まる魅力あるクラブとなることを目指し
鳥取県女子サッカー界の発展・普及に取り組みながら、全国に通用する基盤を築いていきます。